可愛いデリヘル嬢を見つけても騙されない為の風俗店選びが大事なのです

神戸のデリヘルは風俗店選びが重要

風俗店の裏事情

未経験女性を獲得するデリヘルが伸びる

投稿日:

未経験女性を獲得するデリヘルが伸びるどんなデリヘルでも未経験の新人女性が入店となれば売上は確実に伸びるのが判っているが、都合よく美人を入店させるのは困難だというのも風俗店は熟知しているだけに、費用対効果も考慮して女性の獲得には頭を悩ましていると思います。

都内の繁華街ではデリヘルの求人広告は大きな反響を呼ぶのですが、少し地方になっただけで全く問合せもなければ面接にも結びつかないといった悲鳴がくるほどの歴然な差があるだけに、ある程度の売上さえあれば先行投資として掲載を続けているデリヘル店は多く見られます。

風俗で働く女性集めに効果的なスカウトを利用する

風俗で働く女性集めに効果的なスカウトを利用するデリヘルでの女性集めで『待つ姿勢』ではなく『攻めの姿勢』となるのが、スカウトを利用する事ですが、迷惑防止法条令と一般市民からの通報などもあり繁華街でのスカウト行為は警察もかなり力を入れる様になってきたので、スカウトへの紹介料金は比例して高くなりつつあります。

現況のスカウト方法は2名一組で警察官の監視と女性へ声をかける役割で行っており、万が一には個人でナンパしていたと言い張るのを徹底していますね。

スカウトはグループで存在しており、表に出てこない親玉は自分でキャバクラかデリヘルを経営していて、スカウト達にはノルマも存在します。一般的にスカウトの代表は若い男性ですが、末端のスカウト達には電車通勤が出来る様に定期を持たせたり、見込みのあるスカウトには数名でアパートに住ませているなどの徹底振りで、仕事を行わせています。

風俗店との契約はお店により条件は異なりますが、スカウトが一番都合よいレートで紹介料金を貰えるお店を最優先で紹介、さらに女性はランク付けされており、上玉で人気がでそうな女性には女性への待遇面も交渉してきますが、紹介料金も本来の契約とは別に交渉してあげてくるなど、風俗店の足元を常にみて話しを持ちかけてきます。

地域によりスカウトとの契約料金は大きく違いがありますが、一般的なのは女性が働いた金額の15~20%程度の金額を毎月スカウトへの支払いとして約束されており、遅刻せずに出勤する度に2000円を支払って欲しいとか、上玉だから1日出勤したら3~6万円の最低保障を支払ってくれたら、この女性を紹介できるなどピンキリ状態ですね。

デリヘルも女性の紹介は商品の仕入れとしての考えが定着してきているので、最低保障で支払う際は10日間の出勤毎に不足した金額を支払うとか、最低保障の約束をした女性が稼げないと風俗店の赤字になる為に、他の女性からNGを出されている本番強要が強引なお客様などへも平気でその女性を案内します。

但し、スカウト契約したデリヘルは女性管理が非常にリスクを負ってくるとも言われています、スカウト経由で最低保障の契約をした女性と、自分で面接して入店した女性がいた場合は、自分で面接して入店した女性のが稼げなくなるので、当然不満を言って辞めていく傾向にあるし、最低保障の女性は変なお客様ばかりを案内されていくので、短期間で辞めていく事もよくあります。

今度は、通常契約で紹介された女性と自分で面接して入店した女性となれば、スカウトへの支払いがある関係で、自分で面接した女性が最優先で仕事を案内され、スカウトからの紹介者はレンタルと同様なので変なお客様でも案内します、結果として、スカウトとの通常契約で入店した女性は稼げない上に、案内されるのは変なお客様となり辞めて行くのも早いですね。

女性にとってスカウトからの紹介は、風俗店からみて紹介料を支払うリスクがあるので、変なお客様でも案内される事となりますので、良い店を紹介するといっても、結果は最悪なお客様を優先して案内される事に間違いがないのです。

風俗店はスカウトからの紹介は、売上目的での割り切りと考えていかないと損をしますが、辞めていった女性からは『あの店だけは辞めておけ』という最悪な評判がつく場合もありますね。

スカウトと契約した際には他店調査は徹底すべき

スカウトと契約した際には他店調査は徹底すべきスカウトは複数の契約店があり、会社員ではなく実力主義で給与が違う事から平気で裏切り行為をする場合があります。

契約店に在籍している女性に他店のが稼げるよと声を掛けるスカウトもいます、通常は契約店の名前を出されたら引き下がるのですが、下々のスカウトマンまで徹底されていない場合も多いし、女性から頼まれたと言ったり、知らなかったと言い逃れをするスカウトは普通に多いのです。

例えば、5回の出勤をしたら紹介料を支払うとした場合において、5回出勤させたら別のデリヘルへ紹介をするというのを繰り返して荒稼ぎするスカウトも存在します、あくまでもスカウトからの紹介はレンタルと同様なので、風俗店へ貸し出ししているのと変わらないのですから、文句を言われたら契約を切ってしまうと対等な対場を言い出すスカウトも多いからです。

こうした問題を抱えたくないデリヘル店は、他店の在籍嬢を毎日チェックしておけば大損せずに済む場合もあるだけに、新人入店などがリアルタイムで判るデリヘル情報サイトを活用しておくのがベストな選択かもしれません、毎日1回チェックしておけば、どの女性がどのお店に流れたのかを気が付く事ができます、時には優先的に紹介を受ける為に交渉する事もできるでしょうし、最悪なのはライバル店がスカウトグループの親玉だと気付いた時でしょうか。

偽の新人女性はお店の評判を下げる

偽の新人女性はお店の評判を下げるデリヘル嬢の中には在籍中に名前を変えて新人女性とお客様を欺く場合があります、正等ないい訳としては、旦那や家族にバレたからその源氏名でもう働けないといった理由ですが、実際にはほんの一部でしかないし、お店も売上確保ばかりを考えるので女性の都合でと言いますが、実際に本当の新人と勘違いしたお客様で売れ行きは一時的でも良くなります。

それを知った他の売れない女性も同様の手口で風俗店に懇願してきますし、意見が通らない女性は不満で辞めて行く場合もあるでしょう。

利用客からすればたまったもんじゃありません、前にこの店で案内された事のある女性で、二度目はもう嫌だと思っていたのにハズレを掴まされたと、風俗店にクレームは言わないけれど、信用を失い他店へ利用客が流れていくのは間違いないです、さらに最悪なのは新人への指名料金までしっかり徴収されるので、たとえ1000円であっても納得できませんよね。

風俗店のオーナーによっては電車で30分程度離れた繁華街にもデリヘルを経営していると、A店からB店へと女性の出勤を振り分ける事で出勤女性のマンネリ打開策としていたり、新人確保も2倍、在籍嬢も2倍とする凄腕経営者もいますが、ある程度の常連客にはその秘密もバレているのですが、売上が下がる事はないので特に問題はないのかもしれませんね。

-風俗店の裏事情

Copyright© 神戸のデリヘルは風俗店選びが重要 , 2018 AllRights Reserved.